本文へスキップ

TEL. 029-282-5546

〒319-1106 茨城県那珂郡東海村白方白根2-4

会社概要COMPANY

法人名
公益財団法人 放射線計測協会
代表者
理事長 上塚 寛
所在地
〒319-1106
茨城県那珂郡東海村白方白根2-4
→アクセス
TEL. 029-282-5546
FAX. 029-283-2157
設立
1980年10月1日:財団法人として設立
2012年 4月1日:公益財団法人へ移行

基本理念

品質の高い技術や正しい知識を提供し、“信頼と安心の社会”の実現に貢献していきます。

理事長メッセージ

理事長 上塚 寛

 放射線は、科学技術の研究開発、産業(工業、農業など)、医療など幅広い分野において利用されており、科学・技術・学術の進歩、国民の福祉と生活水準の向上等、社会に大きな効用をもたらしています。
しかしながら、取り扱いを誤れば人の健康に悪影響を与えることもよく知られており、人の五感では検知できない放射線の利用は適切な安全管理の下でなされることが必要です。放射線の測定に関しては、正確性が検認された放射線測定機器を適切に使用し、測定結果は適正に評価されなければなりません。
 当協会は、原子力・放射線の開発及び利用の健全な発展並びに安全・安心な社会の実現に寄与することを目的として、1980年10月1日に財団法人として設立され、2012年4月1日に公益財団法人へ移行し今日に至っています。この間、放射線計測に関する事業(下記(1)〜(3))を展開し、我が国における原子力・放射線利用の安全確保と原子力・放射線についての理解の促進に寄与してまいりました。
(1) 放射線計測の信頼性確保に係る調査・試験研究及び技術開発
(2) 放射線測定器の校正、基準照射、特性試験及び放射線・放射能の測定
(3) 放射線計測に係る研修及び知識の普及

 2011年3月11日の東日本大震災に伴って発生した東京電力福島第一原子力発電所事故は、放射線を特には意識せずに暮らしていた多くの国民の放射線に対する不安と関心を一気に高めた出来事でした。原子力・放射線関連の事業所などで限定的に使用されていた放射線管理用測定器が、この事故以降、農水産物の検査、個人被ばく管理、空間放射線量率測定などの目的で地方公共団体、一般企業、各種団体などにおいても使用されるところとなり、また、身の回りの放射線レベルを知るための簡易な放射線測定器の利用が一般個人のレベルまで広がっています。
 放射線や放射性物質を利用する分野は、従来の「放射線」の枠を超える高強度で高品質の粒子線や電磁波の発生・利用技術である「量子ビームテクノロジー」の発展に伴い、今後とも着実に拡大・進展していくことが期待されています。

 当協会は、原子力と放射線利用に係る社会情勢の変化と科学技術の進展に伴って放射線測定機器の使用範囲が拡大していること及びこれらが適正に運用されることが極めて重要であることを強く認識し、これまでに蓄積してきた技術と経験を基礎に更なる技術力の向上を図り、社会のニーズに着実に応えてまいります。

 今後とも、当協会に対するご協力、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

組織図

ダウンロード


バナースペース

公益財団法人 放射線計測協会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村白方白根2-4

TEL 029-282-5546
FAX 029-283-2157