本文へスキップ

TEL. 029-282-5546

〒319-1106 茨城県那珂郡東海村白方白根2-4

放射線測定器の校正、基準照射の詳細

点検校正

 原子力関連施設、放射線関連施設及び放射線業務従事者の安全確保のため、使用する放射線測定器は適切な点検を行い、トレーサビリティのある校正場で定期的に校正することをお勧めします。
 当協会では、放射線校正前に電気回路等の点検を行い、それぞれの測定器が所定の機能を有しているを確認します。


【申し込みの区分(@B点検校正、A校正】

 当協会が行っているサーベイメータ、個人線量計等の点検内容、校正線源等は以下のとおりです。当協会では点検校正できない機種もありますので、お問い合わせ下さい。
 なお、校正のみを希望される場合には、原則としてメーカーや輸入代理店等で事前に点検を実施し、その結果を添付していただく必要があります。それが困難な場合には、特性試験扱いとして感度特性試験等を実施させて頂いております。

    
放射線測定器の種類 線種 主な点検項目*1 推奨する校正線源*2 備考
線量率計 GM計数管式 γ線 ケーブル・コネクタ点検
入力感度
プラトー特性
出力高圧
137Cs
電離箱式 γ線 乾燥剤点検
チェンバー窓膜点検
ゼロ点ドリフト
ゼロ点移動
137Cs
NaIシンチレーション式 γ線 ケーブル・コネクタ点検
計数率(パルス)特性
出力高圧
137Cs
比例計数管式 中性子 γ線感度
入力感度
計数率(パルス)特性
出力高圧
241Am-Be 中性子サーベイメータ
(レムカウンタ)
個人線量計 半導体式 X線 表示部・スイッチ点検 41keV
(QI:0.7)
半導体式 γ線 表示部・スイッチ点検 137Cs
半導体式 中性子 表示部・スイッチ点検 241Am-Be
半導体式(警報付) γ線 表示部・スイッチ点検
警報機能検査
137Cs
半導体式(警報付) γ線+中性子 表示部・スイッチ点検
警報機能検査
137Cs
241Am-Be
電離箱式 γ線 表示部・スイッチ点検 137Cs
電離箱式(警報付) γ線 表示部・スイッチ点検
警報機能検査
137Cs
汚染検査計 ZnSシンチレーション式 α線 ケーブル・コネクタ点検
遮光膜点検
入力感度
計数率(パルス)特性
出力高圧
241Am
GM管式 β線 ケーブル・コネクタ点検
入力感度
計数率(パルス)特性
プラトー特性
出力高圧
36Cl
NaIシンチレーション式 X・γ線 ケーブル・コネクタ点検
計数率(パルス)特性
出力高圧
129I 125I用サーベイメータ
比例計数管式 α線 窓膜点検
入力感度
計数率(パルス)特性
プラトー特性
出力高圧
241Am ガスフロー型
比例計数管式 β線 窓膜点検
入力感度
計数率(パルス)特性
プラトー特性
出力高圧
36Cl ガスフロー型
比例計数管式(3H,14C) β線 ケーブル・コネクタ点検
窓膜点検
入力感度
計数率(パルス)特性
プラトー特性
出力高圧
3H又は14C ガスフロー型トリチウム用
サーベイメータ

*1 汚染検査、外観検査、電池点検は全ての機種について行います。
*2 校正線源(線質)、校正点等、不明な点についてはお問い合わせください。

<解 説>
(1)線量率計の校正
 X線及びγ線用サーベイメータの校正は、JIS Z 4511に準拠して行います。
 中性子用サーベイメータの校正は、JIS Z 4521に準拠して行います。
 校正されたサーベイメータには、原則として校正定数が記された校正シールを貼り付けてご返却します。校正定数Rは、次式により算出しています。

  R=Ms/M
  ここで、
Ms :基準線量率
      
M  :線量率計の正味の読み値

 校正定数が1.0以外の場合には、サーベイメータ等線量率計の正味の読み値に校正定数を乗ずることによって正しい線量率を求めることができます。

(2)個人線量計の校正
 電子式ポケット線量計等、直読式の個人線量計の校正は、JIS Z 4331に示されたファントムを使用して行います。
  ⇒X線及び中性子の照射には水ファントム(30p×30p×15p:略称PW)を使用
  ⇒γ線の照射にはアクリルファントム(40p×40p×15p:略称P-40)を使用
  ⇒β線の照射にはアクリルファントム(30p×30p×2p)を使用
 大量のγ線用電子式ポケット線量計を校正する場合には、ファントムを使用しない方法を用いることがあります。

(3)汚染検査計の校正
 β線放出核種及びα線放出核種の汚染検査用サーベイメータの校正はJIS Z 4329に準拠し、機器効率についての校正を行います。この場合、線源表面と検出器表面の距離は5oです。機器効率を用いた放射能表面汚染密度の求め方については、JIS Z 4504に示されており、直接測定法による場合は次式により求めることができます。


 従来の放射能換算計係数についての校正も可能ですので、お問い合わせください。なお、ウラン板を用いた校正は将来廃止する予定ですが、廃止の時期は未定です。


基準照射

蛍光ガラス線量計(RPLD)、光刺激ルミネセンス線量計(OSLD)、熱ルミネセンス線量計(TLD)等の読み取り装置が必要な線量計素子の基準照射は、以下のとおりです。

<解 説>
(1)個人線量計用素子の基準照射
  個人線量計用の素子の基準照射は、JIS Z 4331に示されているファントムを使用して行います。
  下記以外についてはお問い合わせください。

線種 ファントムの種類(大きさ) 照射野の大きさ 校正証明書の発行
X線
(30p×30p×15p)
10p×10p
γ線 アクリル
(40p×40p×15p)
20p×20p
中性子
(30p×30p×15p)
10p×10p
β線 アクリル
(30p×30p×2p)
<5pφ*

    *線源からの照射距離によって照射野の大きさが異なります。

(2)環境モニタリング用線量計測素子の基準照射
  環境モニタリング用線量計測素子の基準照射は、フリーエアで行います。
    X線、γ線  :空気吸収線量(Gy)
    γ線、中性子:周辺線量当量H*(10)(Sy)

(3)線量評価の品質確認のためのブラインド照射試験
 個人モニタリングや環境モニタリングに使用される線量計測素子の読み取り装置は、トレーサビリティのとれた校正場で照射された線量計測素子で構成されることをお勧めします。またブラインド照射試験により線量読み取り結果の妥当性確認を行えば、高品質な線量管理を行うことができます。
 ブラインド照射試験とは、照射した線量を依頼者に知らせずに線量計測素子を依頼者に返却し、依頼者が読み取った線量を当協会に報告してもらい、当協会が照射した線量と依頼者が読み取った線量を比較するものです。

<<ブラインド試験の流れ>>

    


バナースペース

公益財団法人 放射線計測協会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村白方白根2-4

TEL 029-282-5546
FAX 029-283-2157