本文へスキップ

TEL. 029-282-5546

〒319-1106 茨城県那珂郡東海村白方白根2-4

トレーサビリティの詳細

JCSSとは!?

 JCSSとは、Japan Calibration Service System の略称であり、計量法に基づく計量法トレーサビリティ制度を表しています。JCSSは、「計量標準供給制度」と「校正事業者登録制度」の2本柱から成り、後者については独立行政法人製品評価技術基盤機構認定センター(NITE認定センター)により運営されています。
校正事業者登録制度は、校正事業者を対象とした任意の制度であり、計量法関係法規及びISO/IEC 17025の要求事項に適合しているかどうか等が登録基準とされています。
登録事業者のうち国際MRA対応事業者については、その証としてILAC MRA付きJCSS認定シンボルの入った校正証明書を発行することができます。JCSS認定シンボル付き校正証明書は、そのマークによって日本の国家計量標準へのトレーサビリティが確保され、校正事業者の技術能力のあることを示しています。当協会は、X線・γ線に係る国際MRA対応登録事業者です。
(引用:http://www.nite.go.jp/iajapan/jcss/labsearch/index.html)


トレーサビリティとは!?

ISO/IEC Guide 99:2007 (*VIM: 国際計量計測用語−基本及び一般概念並びに関連用語)では、「計量計測トレーサビリティ」とは、「個々の校正が測定不確かさに寄与する、文書化された切れ目のない校正の連鎖を通して、測定結果を計量参照に関連付けることができる測定結果の性質。」と定義されています。
これは、NITE認定センターのホームページ(http://www.nite.go.jp/iajapan/jcss/outline/index.html)に掲載されているトレーサビリティに関する解説で、JCSSはこれに対応しています。関連付けは、測定不確かさが記された標準測定器または標準物質を仲介して行なわれます。測定器を仲介して行なうJCSSのトレーサビリティ体系は下図のようになります。
放射線・放射能及び中性子に関する国家計量標準は、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)から供給されています。



当協会では、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構の校正施設を利用して各種の校正業務を行なっており、その体系は下図のとおりです。

一般にトレーサビリティは、校正の連鎖を通じて国家標準に辿り着くこととされております。

当協会では、JCSS校正以外の試験結果について国家計量標準にトレーサブルな場で試験したことを示す証明書及び体系図をご要望に応じて試験成績書に添付しています。
  @校正試験及び基準照射:校正証明書、校正の体系図
  A特性試験:トレーサビリティ証明書、試験の体系図

● JCSS校正ができる測定器等
    1.X線測定器:電離箱式照射線量計(例:EXRADIN A5,A6)
    2.γ線測定器:電離箱式照射線量計(例:EXRADIN A3,A4,A5,A6、PTW TN32002)
    3.γ線測定器:エネルギー補償型NaI(Tl)サーベイメータ(例:ALOKA TCS-171,172)
    4.γ線測定器:電離箱サーベイメータ(例:ALOKA ICS-321,ICS-323)
    5.γ線照射装置:137Cs, 60Co ⇒ 出張校正です
   ※ 対応できる型式についてはお問い合せ下さい。

● JCSSの校正範囲等
(1)恒久的施設で行う校正業務の種類、校正の範囲及び最高測定能力等

(2)現地校正(出張校正)で行う業務の種類、校正の範囲及び最高測定能力等

● 平成23年度技能試験結果
 国際MRA対応登録事業者については、定期的に認定機関等が実施する技能試験に参加し技術能力の検証をする必要があります。
当協会は、平成24年5月から12月にかけて行われた技能試験に参加し、下図のように良い結果を得ました。
参加した線質は、中硬X線(105keV)及びγ線(137Cs)の2種類です。不確かさ(%)はk=2です。

● 中性子のJCSSについて
 当協会では、線源中性子(241Am-Be、252Cf)に係るJCSS登録に向けた活動をしております。登録の準備ができましたらご案内いたします。

バナースペース

公益財団法人 放射線計測協会

〒319-1106
茨城県那珂郡東海村白方白根2-4

TEL 029-282-5546
FAX 029-283-2157